渋皮煮です

9月も終盤、秋、本番、でもまだサンマ食べてね~~、寂しい限りで
 ミスチルが2年ぶりのアルバムを出し、年明け3日4日でドームでライブ、エ~~~~~
嬉しいけど、少し早いような5月にドームでライブして半年後またですか
ちょっとスパンが早くないですか、営業で考えると、人気あるしお客さん
持っているから、お金にはなりますし、会社側としては、イケイケドンドンですよね
でもミスチル側はどうなんですか?納得しているのかな?納得いかず解散・・・・・て
はめに並んで下さいよ~~、ファンは3年でも4年でも新曲もアルバムも待てます
でも解散だけは勘弁して下さい。でもチケットは応募しますね~~~
 この頃ブログが私用になっているのでここで一品、紹介しますね
秋と言えば栗、お店でも毎年、使う食材ですが、去年までは渋皮を剥いて使って
いましたが、煮崩れるし、小さくなってしまうので、今年は渋皮煮にしてみました
もう2~3回、作っているのですが、余り納得がいかないので載せなかったのですが
今回は上手くいったのでのせます。1回目、2回目がなぜ納得できないか
今回ので解りました。それは初回は渋皮になった奴を買って仕込んだのですが
今回は鬼皮付きのそのものを買い仕込んでみました。
丁度、ボンラパスの横で大分、日田フェアーを開催しており、
大ぶりで安い栗を購入です

002_20120926185330.jpg

これを渋皮に剥くのですがこれが一仕事、生で剥くより、軽くゆでた方が
剥きやすかったです。これには愛が必要です。愛がなければめげます
30分~40分で渋皮一枚になりました

004_20120926185338.jpg

栗を鍋に入れ、栗が浸かる位の多めの水を入れ重層を大さじ1入れ
灰汁を出してくれます。ワク手前で火を弱め10分~15分炊きます

005_20120926185353.jpg

1回目炊くと真っ黒、灰汁をなめるとシブ~~~~~イ

006_20120926185408.jpg

15分たつと湯でこぼし水で洗い流します

008_20120926185416.jpg

ここでビックリしました。初回に仕込んだ栗はまだ黒々しくスジだらけ
今回はもう渋皮が白くスジもすぐに取れイイ感じ
初回に買った渋皮のやつは灰汁が渋皮にマワッテ抜けなかったんですね
今回の栗は鬼皮から剥いてすぐに煮たので灰汁が回らずに白く上がりました。

009_20120926185434.jpg

それをもう一度、水と重層をいれ1回目と同じ工程をします
010_20120926185446.jpg

それでもこの灰汁、どんだけ~~~

011_20120926185455.jpg

ますます白くなり美肌美人ですな~~
結果から言うと渋皮の栗を買って煮込むより
鬼皮付きの栗を渋皮にして煮込んだ方が後々仕事が楽で
奇麗な渋皮煮ができます
3回目は水だけで1回目と同じ事をします

012_20120926185505.jpg

それでも灰汁はでますが、渋みも余り感じません
最後に水と砂糖を入れたきます。
お店は料理で使うので少し、少なめですがお菓子用なら
少々濃目の砂糖水でもイイ感じです。

013_20120926185520.jpg





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

lecolvert chef

Author:lecolvert chef
福岡市南区野間にあるビストロ「LE COLVERT」のシェフです。

ぐるなびにも掲載しています!

〒815-0041 福岡県福岡市南区野間1-2-18 ロワールマンション高宮1F

[地図]

TEL:092-554-1760
FAX:092-554-1761

[営業時間]
ランチ  11:30~14:00 (L.O.)
ディナー 17:00~21:30 (L.O.)

[店休日]
月曜日、(月曜祝日よく火曜休日)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR